食事を見直して太りやすい体を作る

 

太りやすい体を作る方法でも紹介したように、痩せすぎの方は消化吸収の力が弱い事が考えられます。

 

消化吸収を助ける酵素の必要性はわかって頂けたと思いますが、普段の食生活を改善する事で更に太りやすくなります。

 

太るためには食べることがやはり一番です。
ですから、まずは普段の食生活を見直していきましょう!

 

実は痩せ過ぎで悩んでいる方の多くはとても間違った食生活をしているのです。
太りたいからといって高カロリーの食事ばかり食べていませんか?

 

それを繰り返していると見た目はガリガリなのに体脂肪だけがついて、痩せているのに糖尿病などにかかってし
まう危険性もあります。

 

太るためにはどういった食事がいいのかを紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

太りたければ規則正しい食生活が必要

 

太るための大前提として、

 

消費カロリー<摂取カロリー

 

という事が必要です。
ですが、痩せ型の人がいきなり食事の量を増やすのは難しいですよね。

 

まして、栄養素の低い高カロリーの物ばかりを食べていては健康的に体重を増やすことは出来ません。

 

ですので、まずは規則正しい食生活で必要なカロリーを確実に摂取することからはじめましょう。

 

男性の平均摂取カロリーは2,200〜2,500kcal、女性の平均摂取カロリーは1,700
〜2,000kcalと言われています。

 

痩せ型の方はまずは平均的なカロリーを摂取する必要があります。

 

自分では食べているつもりでも、意外とカロリーを摂取出来ていない場合も多いので、まずは規則正しく食べることです。

 

一日2食が太りやすい!ということを聞きますが、「そのような人もいる」だけです。
きちんと3食食べて目標カロリーを摂取した方が太りやすく、健康にも良いのです。

 

一度に多くを食べられない人は夜食も取り入れてみましょう。
食事量の配分バランスとしては、

 

朝:昼:夕:夜と4つにわけて

 

2:3:4:1

 

にするのが良いでしょう。
消化活動が活発になる夕方から夜にかけて食事を多くすることで栄養(エネルギー)を無駄なく体内に摂り込む事が可能です。

 

どうしても多くの食事が苦手な方は消化吸収力を高める酵素ドリンクやプロテインで補うのも効果的です。

 

カロリーだけを摂取するのではなく栄養バランスを考えた食事を心掛けましょう。

 

栄養素というのはそれ単体で効果があるものと、他の栄養素と一緒に摂取することで力を発揮するものがあります。

 

例えば、カルシウムなどは単体よりもビタミンDを一緒に摂取すると吸収されやすい性質がありますよね。

 

また、同じたんぱく質を摂るにしても一種類の食品から摂るのではなく、動物性タンパク質、植物性タンパク質にわけて取るとより効果的です。

 

 

 

太るための食事とは

 

太るということは体に脂肪と筋肉を付けることを差します。

 

脂肪を付けるには脂質と炭水化物を、筋肉を付けるにはタンパク質を摂る必要があります。

 

これらを多く含んだ食材を我々日本人は日頃から食べています。

 

それは「米」です。

 

米は炭水化物の代表とされることが多いですが、実はタンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルも多く含んでおり太るためには理想的な食材なのです。

 

ですから、米を主食として食事を組み立てていくとよいでしょう。

 

さらに、太りやすい体を作る方法でも紹介したように、食物酵素を摂ることが効果的に太るには大切です。

 

普段の食事の中に食物酵素を多く含んだ食材を取り入れましょう。

 

食物酵素を多く含む食材としては、

 

生野菜、くだもの類、刺身、納豆・ヨーグルト・チーズ・漬物などの発酵食品です。

 

また、筋肉を付けるためにタンパク質も摂る必要があります。
タンパク質を多く含む食材は、

 

鶏肉・豚肉などの肉類、卵、秋刀魚・鰯・あさりなどの魚介類、大豆・ジャガイモなどです。

 

日本にはこれらの食材を日頃からとるための食品が多くありますよね。
納豆・味噌・豆腐などは実は健康にも、太るためにもすぐれた食材なのです!

 

これらは悪玉コレステロールを分解してくれる力もありますので、健康的に体重を増やしたい方にはぴったりですね!

 

食材だけ見るとダイエットのための食事に見えるかもしれませんが、これらの食事できちんと必要カロリーを摂れば太りにくい人でも体重アップは難しいはありません。

 

ですが、どうしても量が必要となります。
ですからこれらの中に高カロリーの食品を取り入れていきましょう。

 

高カロリー食品の代表としては、マヨネーズがあげられます。
マヨネーズは多くの脂質を含んでいますので、少量でもかなりのカロリーを摂取できます。

 

しかし、マヨネーズの一番良い所は食欲を増幅させてくれるところです。
オイルドレッシングだけでは沢山の生野菜を食べるのは難しいですが、マヨネーズなどで味を変えると結構食べれたりしますよね。

白米よりも玄米

 

食事の中で是非取り入れて欲しいのでが、主食の米を白米から玄米にかえることです!

 

玄米は白米と同じカロリーでありながら含まれる栄養素は白米より豊富です。

 

食物繊維は白米の6倍
タンパク質は1.3倍
脂質は3倍
カルシウムは1.8倍
抗酸化作用のあるビタミンEは1.5倍
糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1は5倍

 

これだけ豊富な栄養素を含んでいるのですが、昔の人が玄米と汁物と漬物を主食にしていたことにも納得ですね。

 

さらに玄米には体内の有害物質を排出する働きをしてくれ効果のある、フィチンが多く含まれています。

 

このフィチンの力により間食やレトルト食品などで体内に取り入れた食品添加物を外に排出してくれます。
また、がん予防や貧血予防、活性酸素の抑止にも効果があることで注目されています。

 

そのデトックス効果と、豊富な栄養素は女性の強い味方です。

 

しかし、毎回は飽きると思いますので、朝食は玄米、週末だけは玄米、と飽きないように工夫するといいでしょう。

 

太りたい人におすすめの玄米

ファンケルの発芽米
白米に混ぜて炊くだけで健康的に体質改善をしてくれる、ファンケルの発芽米です。

玄米が苦手な方でも無理なく続けることが可能です!
発芽玄米市場13年連続で売上日本一にも輝いた、人気の玄米をお試し価格で購入可能です。

公式サイトで確認する

ファンケルの発芽米の評判はこちら

価格 容量 評価
初回423円お得!!
780円(税込)
1.5kg 食事で太る方法
返金補償 定期購入 特典
なし あり あり

 

もっちもちの玄米ごはん【寝かせ玄米ごはん】
『寝かせ玄米ごはん』は大手通販サイトamazon、楽天の自然食部門で1位を獲得するなど、今注目の玄米ごはんです。小分けパックになっているので、食べる時にレンジでチンするだけ!

もっちもちのお赤飯のような触感と、程よい甘味があるので玄米が苦手な方でも心配ありません!小分けパックなのでお試しで購入するのもおすすめです。

公式サイトで確認する

寝かせ玄米ごはんの評判はこちら

価格 容量 評価
初回セット割引!!
900円(税込)
180g 食事で太る方法
返金補償 定期購入 特典
なし あり あり